管理職者向けコミュニケーション心理学

研修風景
08 /26 2009
juice
私の好きなピンクグレープフルーツジュースがありました!

zenntai400
コーヒー、紅茶もちろん飲み放題!

昨日は、老舗の一流ホテルにて、そこで働く管理職者のみなさまに向けて

コミュニケーション心理学(NLP)の研修をさせていただきました。

本当に光栄なことと感謝しております。

企業内研修の依頼を受けると、私は必ず「研修スタート前と休憩時間はBGMを会場に流し、研修中は飲食OK、リラックスして行いましょう」という提案をします。

担当者のみなさま、「え?いいんですか?」とはじめは驚きます。

この意図は、企業内研修=辛いもの というイメージを払拭して

「研修で新しいことを学ぶ楽しさを体感していただく」ことです。

実際に行ってみると、「こういう研修だとは思わなかった。楽しかった!」と受講者の方からのコメント、担当者からは「こうやって楽しみながらやる方がいいですね!」という声を聞くことができます。

今回は、ホテルということで、総支配人のご配慮により、まるで宴会のような素晴らしいリフレッシュメントが会場にセットされていました。

おお~と感動して写真を撮りましたが、会場全体の写真を撮るのを忘れました。

会場のレイアウトがさすがにプロの行う仕事、美しかったです。

また来月、中間管理職者のみなさまに研修実施の依頼を賜っていますので、その時は忘れずに写真を撮ってきます。

研修の内容は、私がサービス業界で働くみなさまには超お勧めのコミュニケーション心理学(NLP)です。

実際にコミュニケーション心理学(NLP)を学ぶにはかなりの日数がかかりますが、「これは必ず知っておいた方がよい」という内容を厳選してお伝えします。

このホテルでは、トップから順に接客の最前線で活躍している若手社員の方々まで同様の研修を実施します。

今後、このホテルのみなさまの顔がさらにイキイキと変貌していく様子を陰ながら見守っていきたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師