ダメ出しは、ため出し

自己啓発
07 /20 2009
7月18日(土)、インプロのワークショップに参加してきました。

インプロとは、improvisationインプロヴィゼーションの略です。日本語でいうと、即興。

即興演劇として認知されているようです。

私も最近になって知人からその存在を教えてもらいました。

本当は俳優さんが学ぶものらしいですのですが、これが一般の人にもいろいろいい効果があるらしい。。

今回初めてインプロというものを体験して、特にサービス業に就いている人にはぴったりだと思いました。

その場、その状況に対応して、自由な発想で動いて、セリフを言う。

ワークショップのテーマは、

「遊び心を取り戻す」でした。

なるほど、遊び心って大事、大事。

はて、遊び心ってどうやったら持てるんだろう? 取り戻すって?

3つのワークを体験して、それがとてもわくわくするものだということがわかりました。

遊び心って、創造性プラス自発性。

「取り戻す」の意味は、本来誰でももっていた遊び心は大人になるにつれて忘れてしまい・・・・。

でも、少しやり方を教えてもらうだけで、ああ、それなら私もできる、できると楽しい発想が生まれてきます。

ワークが終わってから、講師を務めてくださった方とお話をしました。本業は演出家とのこと。

ワークとは関係ない雑談の中でで、俳優さんたちは演技が終わると必ず「ダメ出し」の時間があるという話を伺いました。

よく聞きますね。ダメ出しって言葉。

その言葉のとおり、ダメだったところを指摘されるんだろうと思ったら、本来の意味は、その人の為になるようにいろいろと意見や感想を伝えることなんだそうです。

つまり、ダメ出し = ため出し

おまえのこういうところはダメなんだよ!なんてキツイ態度で言われたら、傷つくけれど、

こういうところをこうしたら、もっとよくなるよ!って言われたら、

はい!直します。直します。次はもっとがんばります!

と、やる気になりますね。

ため出し・・・・・・自分にも他人にもどんどん出しましょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師