戦略的な放置の成果?

未分類
04 /03 2008
つけ始めたばかりのブログなのに、ちょっとご無沙汰してしまいました。

4月に入り、いろいろやってます。
まず、八王子駅前の立派な会場を研修用に予約するため
抽選会に行きました。半年先を予約するのですが、50名位の
人が殺到していました。セミナールームの他にコンサート会場や
ギャラリーホールがあるので大人気のようです。私は運良く希望の
2日間を予約することができました。ツイてる~!

お世話になった印象学研究家の栗村ともよさんの命日、大好きだと
言っていたカサブランカの花をたずさえてお墓参り。すでにご親族や
ご友人が墓参したらしく、なんとも華やかにピンク、白、うす紫の
花がいっぱいで、まるで何かの祝賀パーティのような楽しげな雰囲気が
漂うお墓でした。故人そのものです。病気で入院しても、亡くなる
前日まできちんと毎日薄化粧をし、主治医の先生や看護師さんを
励まし、他の患者さんの話をよく聴いていたそうです。好奇心旺盛な
ところはまるで黒柳徹子さんのように、いやそれ以上。素敵な女性でした。
私も死ぬまでには彼女のようになりたいものです。
そうそう、亡くなる前、娘さんに「私、あっちの世界に行ったら、こっちの
世界にいる人に、私の存在を知らせることができるよう神通力を
つけるわよ。楽しみに待ってて!」と言っていたそうです。その予言
どおり、私には何度もそれと感じることが起こりました。ますます、腕を
上げているようです。

そして、懸案だったマナーセンスのホームページの中味製作もトンネルの
先が見えてきました。当初考えていたものとはけっこうコンセプトを変更し、
私の長年携わってきたサービス業に関する研修をメインにもっていきます。
なんでそれに今まで気がつかなかったんだろう・・・。

なかなかいい文章が浮かばずに悩んでいた時に読んだ心理学の本に
「うまくいかない時は、あえて放置してみよう。戦略的放置である。」と
いうアイディアにピンときて、しばらくほおっておいてみました。すると
日常生活の中でふっと、いろいろな考えが生まれるようになりました。
おお~、この考えいいぞ、いいぞ、と自分をほめながら、何の根拠もない
自信をつけて、現在も進行中ですウインク
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師