商いの達人

日常のこと
03 /31 2009
黒沼

うちのすぐ近所に「創業慶長年間 黒沼鰹節店」という素晴らしく風格のある看板を掲げたお店があります。

その名の通り、鰹節の他、種類豊富な豆類、昆布、高級な調味料類、奥のウィンドウには結納の品も飾られています。

私は決まって2種類位豆を買います。会計の際、レジでスタンプカードに500円ごとに1つスタンプを押してくれるのですが、いつもここのご主人は多めにスタンプをおまけしてくれます。

これって、ありそうでけっこうないおまけですよね。

例えば合計金額が950円だった時、あと50円買えばスタンプ2個押してもらえたのに・・・とちょっぴり悔しい思いをすること、ありませんか?

黒沼鰹節店のご主人はかなり金額が足りなくても「ないしょね」と言って、ポンポンと押してくれます(笑)

「いつもおまけしていただいて、ありがとうございますぅ!」と私が言ったら、

「いいえ!借りてるより、貸してる方が気分がいいから!」と。

なるほど~。さすが~。

おかげさまで私のスタンプカードはみるみる満杯になり、\500分の商品がタダでもらえます。

スタンプカードを満杯にして、特典をもらうってこと、このお店以外では経験したことがないので、とてもうれしく、なんか達成感と幸福感をもらいます。

ちなみにここのご主人、おそらく70代だと思うのですが、すんごいイケメンです。

多分、若い頃は道行く女性が振り向いたであろうことは想像できます。

きっと過去にはそうとうモテモテ、いやこのサービス精神なら、現在もモテモテなんだろうな・・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師