絶対に見ないほうがいいもの・・

日常のこと
10 /14 2008
ある人から聞いた話です。
その人がアジアのある国に滞在中、ホテルでテレビをつけたら偶然始まったのがHEROESというUSAで大ヒットしたという番組。

日本でもTVのCMで、登場人物のひとりである日本人の男性がブロードウェイで「ヤッタ~!」と両手を挙げているシーンが放映されていました。

ストーリーは至って不気味。謎めいた訳の分からない展開。話の舞台がUSAのあちこちに移っていくので、いったい何がどうなっているのか全く?????

しかし、見るのをやめられない。一話終わると、次を見られずにはいられない。(その局では、エンドレスで放映されていたそう)

その人は結局、観光をすることも忘れ、全編見てしまったそうです。日本語字幕がついていなくて、全編見ても、細かなストーリーの意味が理解できず、2回も通してみてしまったとか。そして、後悔していました。時間をそれに費やしてしまったことを。(確かに、帰国してからDVDで見るという手がありましたものね)

「あれは絶対に見ない方がいい」とその人は語っていました。

そのDVD全11巻が我が家に来てしまいました。

過去に、韓国ドラマの連続長編をやめられなくなった経験のある私としては、恐怖。のめりこんでしまうタイプなので私。

でも、見てみたい。

一日に一話だけ。必ずそこで止める。と心に誓い、家族に「私、これ絶対に一日一話以上は見ないから、それ以上見ようとしていたら、必ず罵倒してね!」と依頼。

で、3日程前から見始めまして・・・・。苦しいです。一話で止めるのは。

おもしろ過ぎです。

毎回「うう・・・・」とうなりながらDVDストップボタンを押しています。

やるべき仕事、読みたい本などなどがある方は絶対に手を出さない方がいいです。これ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師