職場が変わる「たいやき」の活用術

自己啓発
09 /03 2017
先月東京で開催したサービスプロフェッショナル

修了した男性の方から

とてもうれしいご報告のメールを頂戴しました。

ご本人の許可を得て、掲載いたします。

このブログ8月26日に掲載した「短所を長所に変えたいやき」を

活用してくださっています。



セミナーで習ったことを見返したり、毎日送られるメールを読んでから

頭の片隅に入れ勤務してみたりしております。

そしてわざと大げさに否定的な言葉をポジティブ(肯定的)変換して

スタッフにも話し、事務所内では皆笑いながら良い雰囲気で

仕事に取り組んでいます。

もちろん全ては責任者である私がスタッフの見本・鏡でないといけないと

思っており、困ったときにはそれぞれ相談もしつつ、

働く環境が居心地の良いものにしたいと思い、

そう皆に接しています。

セミナーで、鯛焼きカードを休憩中に見て、これは!と思い購入しました。

そして先日、社員でまずゲーム形式でやってみました。

普段自分がこれかな~?と思う短所を3枚ひき、皆に見せました。

そして全員で長所に変換する言葉を考え1つ1つ見ていきました。

単純なゲームですが「言葉」変換がなかなか難しかったです。

しかし、長所の言葉は、もし相手から言われたら嬉しいよね?

と全員が共感しました。

ですので、こういう言葉を発信していこう! となりました。
(少し写真を添付致します)


みんなで400


選ぶ400


裏返す400



(画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

↑ やってみようという方は、こちらからどうぞ(^^♪  

会社でも、家でもやってみよう  ひとりでも楽しめます 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師