当たり前ではないこと その2

心得
05 /06 2017

私は毎月JR東日本から送られてくる

大人の休日倶楽部という小冊子を楽しみに愛読しています。

5月号の一番最後のページにこんな記事がありました。

記事

第一位 揚げパン・・・・うん、うん、私も!! 大きくて食べにくいんだけど、おいしかった(^◇^)

第二位 クジラの竜田揚げ・・・・うん、うん、本当にあんなおいしいものは、子供の頃他になかったな~。

大人になってから渋谷のクジラ肉料理屋さんで食べたけれど、やっぱり給食の味には勝てなかった。

第三位 カレー・・・・私の学校のカレーは、うずらの卵がたくさん入っていて、もうとろけるおいしさでした。

この3品を想い出すだけで、かなりしあわせになります。

しかし、読者の投稿と読むと・・・・



給食内容に選択の余地はなく、

給食開始1年間くらいは、毎日コッペパンと脱脂粉乳。

それでも空腹を満たしてくれる、

ありがたいひとときでした。*埼玉県・男性 75歳



給食経験なし。

旧制中学2年生で終戦、学校給食を食べた記憶はありません。

戦後の中学時代は、大豆入りのご飯が主流でした。*神奈川県・男性 85歳



そうだった。

給食をお腹いっぱい食べられたのは、なんと幸運な時代に生まれたことか・・・。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師