出ましたビジネス・ペップトーク

05 /15 2015


高校生の頃、ファミリーレストランで人生初のアルバイトをしました。

ある日、デザートの下準備をしていたら

「いつまでやってんの!!」と女子大生の先輩アルバイトに言われました。

「いつまでって、終わるまでですけど!」と心の中でムッとしました。

そして「素敵な人だと思ってたけど、

口のきき方をしらない無礼な人間だ」と一挙に彼女に対する信頼が崩れ、

その後、私は彼女となるべく関わらないようにしました。

ある男子大学生の先輩は、

「いつも仕事がていねいでいいな!!

あとは、ここをもっとこうするといいぞ!!」

と常に私を励ます教え方をしてくれました。

おかげで、仕事が楽しくて、楽しくて、夏休みだけのつもりが高校卒業までずっと続けました。

このアルバイト体験で、就職は必ずサービス業にしたいと決意したのです。

あれから◯十年・・・・。

お客様にもっと喜んでもらいたい、もっとこのお店を繁盛させたい、

もっとこの商品を世に広めたい、

とやる気に満ち満ちたサービスのプロの応援をするのが私の仕事になりました。

彼、彼女たちのやる気と優れたサービスを妨げているものがあります。

それは、私があの初めてのアルバイトで嫌な思いをした

働く人のやる気を萎えさせる言葉掛けの数々です。

「そんなこともできないで、おまえバカじゃないのか」(人格否定)

「何のためにここにいるんだ」(存在否定)

「何のために生きてるんだ」(生存否定)

ここには書けないような、聞くに耐えない言葉を浴びせられて

ひどく傷ついているサービスのプロを数えきれないほど知っています。

「次は、必ずできるぞ!!」

「分からなかったら、何回でも質問してくれ」

「失敗は、成功の一丁目だ!みんな失敗して成長するんだ!」

「今日も全力でお客様に喜んでもらおう!」

言葉掛けを換えるだけで、職場という世界は輝き出します・・・。

この本は、日本ペップトーク普及協会の占ちゃん先生(私はこうお呼びしています)が

分かりやすく、論理的に、事例たっぷりにおもしろく書いた

「働く人を励ます言葉のつかい方」です。

ペップトークとは、勇気づける、活気づける、やる気にさせる言葉掛けのことです。

ぜひペップトーカーの仲間入りをしてください。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師