信念の人

好きな人、もの
05 /30 2008
russel

昨夜は、年に一度の私の最大の楽しみであるRussell Watson(ラッセル・ワトソン)のコンサートへ行ってきました。

英国の国民的テノール歌手です。

私はそれまでクラシックやオペラとはほとんど無縁でしたが、3年前に彼の歌を偶然テレビで聴いて引き込まれ、即CDを購入しました。

ライナーノーツを読んで分かったことですが、彼は英国のマンチェスターという街に住み、16歳から工場で働き、夜は労働者階級の人々が集うパブなどで歌うアルバイトをしていた青年。あるきっかけがあってオペラのアリアを歌うようになり、ポップス歌手ではなくテノール歌手を目指したそうで・・・。

テノール歌手として有名になるのは、一流の音楽大学を主席で卒業したとしても至難の業なのだそうです。それなのに、夢をあきらめずにひたすら努力を続け、30歳を過ぎた彼に奇跡が!

なんと信念の強い人なのだろう。
「人間の可能性とは無限である」と彼が証明している。
そう思いました。

この人の存在とこの人の歌が私の人生を豊かにしてくれている、そう感謝した昨夜でありました。

話はちょっと違いますが・・・・。昨夜はあの「千の風」で一躍時の人となった日本のテノール歌手秋川雅史さんが観客として来ていました。コンサート開始前、休憩時間、彼の所にはファンが押し寄せていました。

そして多くの人がラッセル・ワトソンのパンフレットの裏(真っ白)にサインをねだっていたのです。

え、ええっ~!??そ、それって・・・。

秋川氏は快く応じていました。偉い!

有名人て大変です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

年に1度の楽しみ、良かったですね~

私はバンプのライブに行って来ました。
50肩の腕は思うように上がらず かなしい思いをしましたが・・・。

その前日は友人の娘さん(やはりバンプファン)とカラオケでバンプを唄い
気分は絶好調です!

うちださん、カラオケでバンプ歌うんですか~!しかもお供はご友人の娘さんとは!素晴らしい!私自身は、カラオケで歌うということを一切しませんでした。が、今週末は行ってみようかと・・・・!ゆさ

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師