240分間の勝負

仕事
03 /20 2014
パソコン

最近、取り組んでいることがあります。

それは、パソコン仕事を一日4時間(240分)以内にすること。

パソコンで行う仕事はたくさんあります。研修のパワーポイント、テキスト、メール対応、ホームページ更新、資料作成などなど。

こういう仕事をしている時、自分で自分が作成しているものを「わぁ~、よく出来てる~」とほめながら(笑)ワクワクしてます。

ところが、その後が大変。首、肩、バリバリ(^_^;) 運動した時の心地良い疲れとは違い

苦しい疲れです。限界です

パソコンが目の高さに来る台、座り姿勢が自然になる椅子、ストレッチポールでの運動、寝る時の枕、マットレス、もうどれもそれに対応するためのものを考えつく限り揃えて使っています。

カイロプラクティク、マッサージ、温泉、ジム通ってます。

しかし、根本的なことが抜けていました。
本

免疫学の権威である安保教授によると、パソコン仕事は一日4時間まで。45分連続して行ったら、15分は休憩を入れる。
そうしないと血流が悪くなって、さまざまな症状になる・・・。はい、もうなってます、ワタシ。


心も身体も軽やかであってこそ、軽やかな仕事ができそう。

一念発起して、厳守しています。45分経ったら、いったんパソコン終了~~~!!!
タイマー

あら、6秒過ぎちゃった。

これがあっという間にきてしまうんです。45分。

一日トータル240分間におさめるために、パソコンに向かう前に紙媒体で充分考えるということをするようになりました。

すると、パソコン画面上では思い浮かばなかったであろうアイディアがうまれることがしばしば。

血流が改善されたおかげでしょうか?

首、肩の具合もちょっと良くなってきている気がします。

春にはもっと軽やかに~なりたい。


下記の公開セミナー受付開始いたしました。

6月東京サービスプロフェッショナル

5月東京/7月大阪サービスのプロを育てる技術

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師