モデリング~

習い事・勉強
05 /21 2008
連日テレビで中国四川省とミャンマーの悲惨な状況を目にします。私たちには募金するくらいしかできないというのがはがゆいですねぇ・・・・。

みなさま、非常持ち出し袋のご準備はなさっていますか?

かくいう私は2年前位にして、中に入れた非常食の乾パンやら飴やらカロリーメイトの入れ替えを怠っています。やらなきゃ。あ、そうそう、現金も5万円位入れとくとよいと、阪神の震災を経験した方が言っていました。とりあえずの現金がなくて困ったと・・・・・。

さて、さて、週末受けたNLP(神経言語プログラミング)の講師 芝健太氏の話し方が美しかったので忘れないよう、私なりに分析しここに記載しておいて、これをマネしたいと思います。講座で習った「モデリング」という手法です。

1. 分かりやすく一文は短く
2. 適度なスピード
3. 過剰でもなく不足もない敬語遣い
4. ~じゃないですか、~なんですよ という語尾はナシ
5. あ~、う~、などのドッグワード(犬みたいに聞こえるのでこう呼ぶそです)ナシ
6. 様々な価値観をもった相手を想定し、使う言葉に配慮する
7. 他者を評価したり否定する話はしない
8.. 誠意を込める

本日はさわやかな天気です。どんな素晴らしいことがあるでしょうか・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師