長所を250探す!

習い事・勉強
05 /11 2008
今日は「身近な人との関係をよくするコミュニケーション」という講座を受けてきました。

講師は"石川尚子”さんでした。石川さんは「子供を伸ばす共育コーチング」という本の著者で、ビジネスコーチや就職カウンセラーなどの仕事をしていらっしゃいます。
私、石川さんのファンなんです。

講座の中で「自分の長所を挙げてください。20個位は挙がりますね!」というワークがありました。時間は2,3分だったでしょうか、70名の受講者がだまって自分の長所をノートにメモし始めました。

「はい、それでは20個以上挙がった人?」との問いに手を挙げたのは1名の男性だけ。私はというとウンウンうなりながら無理やり11個書いたところでハタとペンが止まったまま先がありませんでした。

みなさんはいかがですか?パッと思いつきますか?

「子供を伸ばす共育コーチング」には、石川さんが高校生の就職カウンセリングを行ってきた中で体験したエピソードが描かれています。

自分にはひとつも長所がないから就職するためのPRは書くことがないし、できそうな仕事も会社も見つからないと思い込んでいる高校生をカウンセリングし、そんな彼ら彼女らが"変わる瞬間”に立ち会って感動した話がいっぱいです。

私はその「自分の長所がひとつも見つからない、短所だったらすぐたくさん言えるけど」という高校生の気持ちがよく分かります。私がそうだったので。

昨年、石川さんの本に出会い、本の中に出てくる高校生が変化していく様子を読んで、私の長年の「自己肯定感がもてない」という悩みがやっと解消されました。私も高校時代に石川さんに出会いたかったよぉ。

そういう石川さんご本人も以前は自分の長所などあまり見つけられなかったそうです。

昔のエピソードで、「石川さんて華がありませんよね」と言われたことがあったそうです。講師の仕事をしているのに「華がない」って!?とかなりショックを受けたそうです。現在は本当にまぶしく輝く笑顔の素敵な女性なのですが。

しかし、「自分の長所をがんばって250考えてごらん」とある人に言われて、自分を肯定的に肯定的に観るようになってから、まず自分自身が変わり、周囲の人を観る自分の目が変わり、人との関係が変わり、毎日が変わっていったそうです。

250・・・・みなさんも挑戦してみませんか? 無理、無理と言わず!私も挑戦してみますから。

例えば「私は優しい・・・・時もある」程度でいいそうです。だっていつも優しいとは限りませんから。
「英語がしゃべれる・・・ちょっとだけど」位のかる~い長所。

あ、石川尚子さんのホームページがあります。札幌のビジネスコーチ石川尚子で検索するとヒットします。“昔は華がなかった”という、素敵な笑顔が見られますよぉ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師