いのちのバトン

日常のこと
07 /31 2011
涼しくて、ほっと一息つける今日この頃。明日から8月ですね。

子供の頃の夏休み期間が想い出されます・・・・。

よく外で遊んだり、プールに出掛けたり、畳のうえでゴロゴロしたり、空を見て入道雲に見とれたりしていました。

大人になっても仕事に追われず、そんな日々を送って夏のエネルギーチャージしましょう。


この夏は、たくさん本を読みたいと思います。仕事とは関係のない、本を。

昨夜は、ずっと気になってた「いのちのバトン」という本を読みました。いっきに・・・・。

著者は、バースセラピストいう仕事をしている志村季世恵さんです。

人間が生きていく中で体験する辛さ、悲しさ。

一方、人と関わることの素晴らしさが深く感じられる本です。

夏休み読書の1冊によいかもしれません・・・。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師