遺伝子が目覚める瞬間

自己啓発
09 /06 2011
村上和雄ドキュメントSWITCH~遺伝子が目覚める瞬間~

という映画を鑑賞する機会に恵まれました。

みなさんご存知の村上和雄氏。筑波大学名誉教授であり、遺伝子研究についての世界的権威、遺伝子について分かりやすくおもしろく希望に満ちあふれた本を書かれています。

「人間の可能性は無限である」という言葉を耳にしても、

「今ひとつ実感が湧かない」のが普通だと思うのですが、

この映画を観て「そんなこと言ってたら命がもったいないや~!!」と

感情が大きく揺さぶられました。


人間の遺伝子には、32億段、それは距離にしたら地球と月の間を2・5往復する距離がある。

情報量は、1000文字×1000ページの百科事典約3200冊分が入っている・・・

という事実から話は始まります。

(詳しいストーリーはホームページをご覧ください)


80分間があっという間で、一緒に観た人達と「良かったね~!」と静かな興奮。

ひとりでも多くの人に観て欲しいと思いました。


しかし、これは全国一斉上映というスタイルの映画ではなく、自主上映開催形式なのだそうです。


そこで、ワタクシ自主上映することにしました!!

今のところ11月1日に都内どこかの会場を借りて開催する予定です。

決まり次第、マナーセンスのホームページ&メールマガジンにてお知らせいたしますので、

どうぞお楽しみに!!




スポンサーサイト

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師