喜びは創りだすもの

日常のこと
08 /05 2011
ずっと気になっていたもの・・・・最近はこれに手をつけています。

ターシャ・テューダーという女性の名を知ったのは、かなり前。

アメリカでは最も有名な絵本作家なのだそうです。

そして、現在では、世界中のガーデニング好きな人々の憧れの的。

30万坪(東京ドームの20倍)の土地の庭づくりを、57歳から始めたそうです。

女優の小林聡美さんが彼女のDVDを見てそれはそれは触発されたことをエッセイに書いていました。

そして最近もある人から彼女の話を聞いて、ついに私も見ました・・・・。

すでにファンの方も大勢いらっしゃると思います。

なんと創造力を発揮し、力強く生きて来た女性なのでしょう。

DVDは、彼女が90歳の頃の様子を記録しています。

自然と動物と芸術と・・・・。

彼女の語る言葉は、彼女自身が経験して辿り着いた心境だからでしょう、心に染み込んで来ます。

「近道は探さないほうがいい」

「新しい植物を育てる時は、3ヵ所違う場所に植えてみて、様子を見る。最も適した場所があるもの」

「簡単にきれいな庭ができと思ったら大まちがい」

「最低でも12年はかかる」

「何かを始めなければ、何も起こらない」

「まず行動し、努力を惜しまない」

というような言葉は、ガーデニングのみならず自分を育てること、人を育てることに通じるのではないでしょうか。


「ガーデニングのほとんどは、雑草取りね・・・。でも、私はへこたれないわ」

この言葉を話していた彼女は、少女のように明るく愉快そうな顔をしていました。

私も「へこたれない!!」

力をもらいました。


スポンサーサイト

顔・・・・

日常のこと
08 /02 2011
久しぶりの友人と食事をしました。

最後に会ったのはいつだっけ? とふたりで記憶をたどってみたら、2年3ヵ月ぶりでした。

時はどんどん過ぎ去るものです。

友人の顔は、以前にも増してやさしく、まるで菩薩に近づいているようでした。

2年3ヵ月彼女がどのように生きてきたかが分かるようです。

人間40を過ぎたら自分の顔に責任をもて・・・という言葉が思い出されました。

心配になって「私、ギスギスした顔してない??」と聞いてしまいました・・・。



watashi150
友人の携帯で撮ってくれた私です。デザートの写真を写しているところです。

toire300
マンダリン・オリエンタルホテル38階の化粧室に入って絶景と遭遇。東京スカイツリーが目の前でした。

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師