雪が降りましたね

日常のこと
03 /29 2010
お休み処250

この写真は、先週の富士森公園(八王子)です。

桜も咲いたし、もうすぐお花見だよ~という勢いで準備が進んでいました。

先週の桜300

ほ~ら、こんなにきれい!

桜と提灯300

提灯もスタンバイOK!



ああ、それなのに・・・・・今日は雪が降りました。東京。

今、うちの中も寒いので、ヒーター、ホットカーペットのお世話になってます。

本物の春は、きっともうすぐ。

風邪ひかないよう、じっと待ちましょう。



スポンサーサイト

春だ~!

日常のこと
03 /22 2010
rittsuookime
↑少し前に訪れたザ・リッツカールトン東京のアフタヌーンティセットです。
めったにこんなゴージャスな場には行きませんが、たまには必要です。こういう非日常体験・・・!


本日の東京、やや寒いもののよく晴れ渡っています。

春ですね。

It's spring. Let's go on a picnic.

中学校一年生の英語の教科書第1ページ目は、確かこんな文章で始まったと記憶しています。

これから近所の公園にウォーキングに行って参ります。


リッツの窓から300
↑ザ・リッツカールトン東京のラウンジ窓からの景色。この日はあいにくの曇りでしたが、天気がよい日にまた訪れたいロケーションです。右前方に建築中の東京スカイツリーが!


気になっちゃう感じですか?

好きな人、もの
03 /20 2010
kanako300

こちらは、八戸から帰りの新幹線で一気に読んだ本です。

笑いました。

柳原可奈子 演じる スタイリスト北条マキが好きです。

DVDは出ていないかしら・・・とアマゾンで検索したところ、

こんなおもしろそうなタイトルの本を発見。お急ぎ便でオーダーしてしました。

この表紙だけで笑えますが、中味もいいです。

よくぞここまで人間観察している!!と感心します。

サービス業のプロとしては、この観察力欲しいですね。

後半にはスペシャル対談として、なんと北条マキVS柳原可奈子の対談が! 

ひとり二役で扮装している写真には、ふたりが同一人物ということを忘れます。

笑いたいあなたに・・・・お勧めです。


怒らないこと

自己啓発
03 /15 2010
a

八戸へ行く新幹線の車中、一気に読みました。

「む、む、む、む、・・・・怒るのはやめることにしよう」って

本気になる、目覚めさせられた一冊です。

怒りという感情とどう付き合えばいいのか、人生最大の課題といってもよいのではないでしょうか。

大宮駅構内の本屋さんで平積みされている本の中で、この本は最後の一冊でした。

みんなこのタイトルに惹かれて買っているのでしょうか・・・。



昨今では、怒って当たり前、

ややもすると怒らないと不甲斐ないとでも言わんばかりです。

怒ってよい理由などない。怒りは理不尽だ。怒る人は弱者だ。

怒らない人にこそ智慧がある。怒らない人は幸せを得る。




怒りはすぐに伝染する

脱皮のように「怒り」を捨て去る

怒らない人だけが勝利者になれる

「怒らない」ことと「甘やかす」ことは違う

怒りつづけると「怒り」そのものになる

相手を倒す前に自分が倒れる

怒りの人間は動物以下

智慧と理解がユーモアと幸せを生む



などなど、どこを読んでも納得です。

お勧めです。ぜひ、ぜひ!




怒らないこと

アルボムッレ・スマナサーラ著 サンガ新書¥700



八戸せんべい汁! 八戸前沖さば! はちのへ鮨!

研修風景
03 /14 2010
400

先週は八戸商工会議所様にお招きいただき出張に行って来ました。

ホテルの窓から遠くに延びる線路。こうやって眺めて見ると美しいものだな~としばし鑑賞。

そういえば、電車が通らない。

「昔、使われていた線路なんですか?」とホテルの方に尋ねたところ、

「いえ、この大雪で電車がストップしているんです」とのこと。

どうやら私が到着した直後に電車は運行休止となったようです。ギリギリセーフ。ラッキー。

夜7時になってNHKのニュースのトップで飛び込んできたのは

47年ぶり積雪量記録更新の八戸!

まさに、今、私がいるところだ~。
会場


しかし、翌日、問題なくセミナーは開催され、百数十名のみなさまにご参加いただきました。

八戸の人ってシャイなのかな・・・と思っていたのは大間違い。

司会をしてくださった八戸プラザホテルの中川原総支配人はプロのアナウンサーのように素晴らしく、

参加者のみなさんは積極的に自ら手を上げて発言してくださる方々ばかり。

おかげさまでとても盛り上がりました。

地元のラジオ局Be FMの江利塚たまみさんという素敵なDJの方が取材もしてくださるという光栄な体験もできました。

特別な録音機を江利塚さんがお持ちになり、その場で録音した私との対談を放送するという、私にとってはドキドキものでした。

すでに全国区で有名な八戸せんべい汁、八戸前沖さば、はちのへ鮨についてのお話も詳しく伺えて、すっかり八戸ファンになりました。

八戸から毎月東京ディズニーリゾートに勉強を兼ねて遊びに行っているというスゴイ男性にもお会いしました。

八戸プラザホテルから八戸駅まで利用したタクシーの運転手さんがおもしろくて、親切で、これまた感動でした。

やはり旅をして後々の心の財産になるのは、地元の人とのふれあいです。ありがとうございました!


高橋大輔選手の故郷

研修風景
03 /04 2010
テレビをつけてももうオリンピックは見られなくて日常に戻ってしまいましたね・・・・。

浅田真央VSキム・ヨナをどきどきしながら観戦していた人が日本中にどれだけいたことか。

私もそのうちのひとりです。昨年のWBCイチロー選手の最終打席の時のように、天に祈っていました・・・。

素晴らしい一流アスリートの姿を見ると、自然に「自分もやろう!」って気になりますね。

高橋大輔選手が銅メダルをとった直後に、彼の故郷である倉敷に仕事で行って参りました。

おお~、ここが~!

駅前には予想通り「祝 高橋大輔選手」の横断幕が!感激~。

フリーの芸術的な「道」の演技が頭の中の映像に蘇ってきました。

美しい所です
倉敷

昨年からこの倉敷での研修の仕事を心待ちにしていたので、ワクワクしながら街を散策しまた。

今回お世話になった担当の方と美観地区を歩きながら、私が「わぁ~、わぁ~」と驚嘆の声をあげていたら、道行く人が親切にも「ここはね・・・・・」といろいろと説明してくれました。観光地の人ってさすがにサービス精神旺盛です。

宿泊した
ドーミーイン倉敷は、なんと最上階に温泉がついていて、旅の疲れもすっきり癒せる最高のサービス。気に入りました!

肝心の研修は・・・・
2日間にわたり、役職者の方から20代の方までが一緒に参加してくださるという形式でした。

いろいろな立場の人が、一緒に学ぶ。どの企業、組織もこれが理想と分かっていても、実際は、諸事情によりほとんど実現不可能なのですが、今回は役職者の方々も丸一日受講してくださるという大変めずらしいケースでした。

同じ場で、同じ課題に取り組んだ時間は、その後の仕事に確実に反映されることと思います。

昨年から真剣に準備をしてくださった担当のNさん、本当にお疲れ様でした!! 

素晴らしい時間をありがとうございました。この倉敷の体験は、私自身たくさんの新たな発見をさせていただきました。また行きたい!


250
お土産に頂戴した塩ポン酢!おいしそう!うれしい!

湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)

マナーセンス 代表
サービスプロフェッショナルコーチ
日本ペップトーク普及協会 講演講師