*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

テキスト

笑いヨガがあまりに楽しいので、

笑いヨガ・クラブが開催できるリーダー養成講座

9月3日(土)と昨日9日(土)の2日間に行って、笑って来ました!!

講座の日の他に、この一週間よく笑ったおかげで

夜、そして電車の中で、それはそれは深く、よく眠れ、

日常生活も仕事も、嫌なことが文字通り笑い飛ばせるようになりました。


何年も前から「笑いヨガ」というものの存在は知っていましたが、

無理、ムリ、作り笑いなんて・・・と

知りもせずに勝手に思い込んでいた自分が

なんと損をしていたことかと分かりました。

笑うといっても、おもしろいギャクに笑うのではなく、

作り笑いとも違う、

笑う時の呼吸を作りだす体操のようなものです。

笑い瞑想というのもあります。

これを行っていると、本当に楽しい気持ちになってくるのです。


お笑い番組を見て笑うのは、せいぜい2,3分。

しかし、これはなんと15分は笑い続けるので、

普段の何倍も酸素を取り込むことになり、身体が軽くなります。

40日間続けると心身が変化するということなので、

やってみます~~~! 40日間。



全員

少人数制で4名。

ティーチャーを務めてくれたチャーミングな りゅうちゃんは、私の友人です。

研修講師としてもプロのコーチとしても経験豊富、

心理学も知識が深いので、

その視点からも「笑いヨガ」の効用について教えてくれたところが良かったです。

りゅうちゃんは、青森県出身です。

青森県は、実は自殺する人が日本で一番多い県なのだそうです。

りゅうちゃんは、そのことをなんとかしたいと以前から心を痛めていました。

そして、笑いヨガと出会って、これは簡単で最も効果的だと実感し、

現在、ひんぱんに帰省して青森で笑いヨガを広めています。

りゅうちゃん

私は、研修に取り入れたいと考えていますが、

「企業の経営者や管理職の男性は、笑ってくれるのだろうか? アホらしいと笑ってくれないのでは?」

との問いに

「私もそう懸念したことはあったんだけど、

それが笑ってくれるの!!

もう大笑いしてくれて、それを見て私がさらに笑っちゃう!」とのこと。

この実体験で、安心しました。

笑いヨガ → ペップトーク この2つの流れで、日本中が元気になる~~~!!

アミちゃん

アシスタントを務めてくれたアミちゃん(りゅうちゃんの妹)



りゅうちゃんのラフターヨガリーダー養成講座は、これからもどんどん開催されます。

みなさまもぜひリーダーになって、一緒に笑いましょう。

その前に体験したいという方は、お住まいの近くでおそらく開催があるようですので、

検索してみてください。

ラフターヨガクラブを探す

私の初の笑いヨガ体験は、千葉県佐倉の山崎さんがリーダーのクラブでした。

山崎さんは、りゅうちゃんとはまた少し違って、

お寺の庭で笑いヨガを行い、

その後、リラクゼーション、座禅という流れで

こちらもとても良かったです。










スポンサーサイト

9月5日_convert_20160908205828

なんと創立72周年という組織の研修に伺いました。

大変光栄なことです。

本日使用した会場の椅子は、オレンジと黄色の中間くらいのいい色具合でした。

すべてがきっちりと整っていて、自然とテンションが高まりました。

人間にとって、精神的環境というのが最も大切ですが、

物理的環境もまたとても重要です。

9月5日その2 300

窓の外は大都会でした。



日曜日の午後は、

やる気を引き出す言葉の力 ペップトーク

~言葉を変えて、世界を変えよう~

お蔭様で満席オーバー! 大盛況の3時間でした。

私が現在の研修事業を始める前、

NLPラーニングでNLPを学んだのが、

両国にある国際ファッションセンタービルでした。

こんなに素晴らしい会場を使って、セミナーができるようになりたい!!

そう夢を抱いたのは、8年前・・・・。

今、夢が叶って、なんとそのお世話になったNLPラーニングの山崎啓支さんと

同じ日にセミナーを行うことが現実となっています。


かな版

ロビーで、偶然に山崎さんとお会いし、

「山崎さんのお蔭です!!」とお礼を伝えることができました。

この日、セミナーにお越しくださった17名のみなさま

どの方も真剣に、そして楽しみながら、

熱心に学んでくださって、ありがとうございました!!

言葉の力をお伝えする ペップトーク セミナーは、

本当に人生を劇的に変化させる

簡単な方法です。

これからも、私はこのペップトーク普及に力を注ぐことで

ご恩送りしていきます。





本日8月15日は、終戦の日であり、

私の住む地域ではお盆の送り火の日です。

国のために命を捧げて戦死した叔父(享年25歳)と

ご先祖様に対する感謝の心をあらためて強く感じる日です。

日常では、仕事や雑事に追われ、つい忘れがちなことですが、

私たちは先人のお蔭で

今のような平和で文化的な暮らしができていることを

深く感謝し、また明日からを生きていきましょう。

なす
家庭菜園で収穫した野菜で

馬と牛を作りました。

お盆に向けて、よくぞ

このような姿のきゅうりとなすが育ったものだと

家族で感心しました(笑)




サイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」という曲を

若い人はご存じでしょうか。

とても素晴らしい歌詞です。

そしてメロディーと歌声は、永遠です。


誰もがお互いをこう励まし合えたら・・・・。




君が疲れ果て、途方にくれて涙さえ浮かべていたら
僕がその涙を拭いてあげる

僕はいつも君のそばにいるから
辛い時、友達も見つからない時
僕が橋となって
激流の中に立ち尽くす君を
救い出してあげるよ


君が挫折し、希望を失って
ひとり、街をさまよい
辛く寂しい夕暮れを迎えた時は
僕が君を慰めてあげるよ


暗闇が訪れ、苦しみに包まれた時も
僕は、必ず君の味方だよ


激流に架かる橋のように
この身を投げ出してあげる


さあ、立ち上がって!(無限の可能性を持つ少女)
前に向かって歩き出すんだ!


暗闇が去って、輝く時が来たんだ


君の行く手には、いくつもの希望がある
みんな輝いているだろう?


友が必要な時は、振り返ってごらん
いつも君の後ろに僕がいる


激流に架かる橋のように
君の心の支えになってあげるよ

そう、激流に架かる橋のように
君の心の支えになってあげるよ






Author:湯佐 弘子(ゆさ ひろこ)
サービス業のプロフェッショナルを
養成するマナーセンス運営者